FC2ブログ
 
■カウンター

■プロフィール

甘木BBC

Author:甘木BBC
福岡県朝倉市にある、聖書を神のことばとしてお伝えしているキリスト教会です。
http://amagibbc.com/

■検索フォーム

■最新記事
■カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■月別アーカイブ

■カテゴリ
■RSSリンクの表示
■QRコード

QR

あなたを捜し求める神の愛!

 こう言い終わって、パウロはひざまずき、みなの者とともに祈った。(使徒20章36節)
 今日は来る4月3日に53年の日本での宣教の働きを終え、母国アメリカへお帰りになるB先生をお迎えし、最後のみことばのお取次ぎをしていただきます。私が最初に先生にお会いしたのは、先生がC教会の特別伝道集会の講師として来てくださったときでした。明るく、若々しく、楽しく、イエス様をご紹介くださった日のことを、今でもありありと覚えています。
 その20年後、不思議な主の導きにより、私は先生が開拓伝道された甘木教会の牧師として迎えられました。しかし、そのとき先生は癌の治療のために帰国しておられ、幾度かメールでやり取りをさせていただき主の導きと信じ、1999年9月に着任しました。
 その後、先生は主の癒しをいただいて、L先生とともに日本に帰られ、九州はもちろん、広く日本各地で福音のお働きを続けてくださいました。そんな中、13年前にL先生の突然の召天という辛い経験もされました。しかし、その試練を乗り越え、小倉での開拓伝道、メッセージ集の出版、大学卒業など、数々の実績を残されてきましたが、足が不自由になってこられ、今回、日本宣教から引退される決心をされました。長きにわたる尊きお働きに深く感謝いたします。
 さて、コロナ禍で人の集まりが少なくなり、孤立感を感じている人たちも増えていますし、その逃れ場であるSNSで「いじめ」に遭うケースも多いと聞きます。失業、経済苦も増える中、教会はイエス様の「すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。」(マタイ11-28)という招きのみことばをお伝えし続ける責任を負っていますが、今の状況の中で、どのような方法が残されているでしょうか。
 その一つとして、いなくなった一匹の羊を捜し求めるイエス様の愛を歌った聖歌429番をオカリナで演奏してフェースブックにアップしてみました。また、ホームページにもメッセージをアップし続けています。「あなたのパンを水の上に投げよ。ずっと後の日になって、あなたはそれを見いだそう。」(伝道11-1)とあるように、主が小さな働きを用いて、弱り果てているたましいを「永遠のいのち」(ヨハネ3-16)の救いに導いてくださることを期待します。b先生は帰国後もお働きを続けられると聞いています。私たちもこの地で、「良い忠実なしもべ」(マタイ25-21)として歩み続けてまいりましょう。


未分類 | 16:27:33