FC2ブログ
 
■カウンター

■プロフィール

甘木BBC

Author:甘木BBC
福岡県朝倉市にある、聖書を神のことばとしてお伝えしているキリスト教会です。
http://amagibbc.com/

■検索フォーム

■最新記事
■カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■月別アーカイブ

■カテゴリ
■RSSリンクの表示
■QRコード

QR

神の招き!
 ペテロが答えた。「主よ。私たちがだれのところに行きましょう。あなたは、永遠のいのちのことばを持っておられます。(ヨハネ伝6章68節)
 月曜にA小の3年生に福祉講話と点字の指導をさせていただきました。国民の7,6%が何らかの障がいを持っているということですから、こうした学習の機会を持つことは、きわめて大切です。教室の行き帰りのガイドを申し出てくれた生徒もありました。オカリナの曲当てもしましたが、聴かれた教頭先生が、校庭にあるステージで、「こどもたちのリコーダーとオカリナの発表会を一緒にしましょう」と言ってくれました。実現するのを楽しみにします。
 夜には、バプテスト障がい者伝道協力会のオンラインセミナーのパネラーをさせていただきました。懐かしい先生方と語り合い、経験を分かち合うことができ、楽しい余韻が残りました。これからも「野の花」への寄稿などを通し、お役に立てれば幸いです。コロナ収束後には50周年記念集会も計画されているとのことです。「失われた人を捜して救うために来」(ルカ19-10)られた主イエス様の働きの一つとしての前進を祈りましょう。
 先週、私たちは主イエス様の招きについて学びました。その中で聞いた、「あなたがたを、やみの中から、ご自分の驚くべき光の中に招いてくださった方」(Ⅰペテロ2-9)というみことばに感謝がこみ上げてきます。善悪の基準も持たぬ者でしたが、聖書という確かなものさしを持つ者とされ、やみの中を手探りで進むのでなく、状況を見極め、楽しみつつ生きる者へと造り変えられたのです。
 イエス様はまず漁師の若者ペテロやヨハネに「わたしについて来なさい。」(マタイ4-19)と声を掛けられ、その招きに彼らは「すぐに網を捨てて従った。」(20)とあるように、弟子としての歩みを踏み出しました。その結果、彼らの命がけの宣教により失われた人たちが救われ、教会が立ち、新約聖書が完成し、イエス様の福音が世界中へと伝え継がれて行きました。そして今、私たちもイエス様の「永遠のいのち」(ヨハネ3-16)の恵みに与っています。
 イエス様は今も変わりなく、「すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。」(マタイ11-28)と招いておられます。病に苦しんだり、挫折したり、孤独を感じたりしている人にも目を注いでおられます。このキリストの招きに応えて、新しい希望へと踏み出していきましょう。



ペテロが答えた。「主よ。私たちがだれのところに行きましょう。あなたは、永遠のいのちのことばを持っておられます。
(ヨハネ伝6章68節)

 月曜にA小の3年生に福祉講話と点字の指導をさせていただきました。国民の7,6%が何らかの障がいを持っているということですから、こうした学習の機会を持つことは、きわめて大切です。教室の行き帰りのガイドを申し出てくれた生徒もありました。オカリナの曲当てもしましたが、聴かれた教頭先生が、校庭にあるステージで、「こどもたちのリコーダーとオカリナの発表会を一緒にしましょう」と言ってくれました。実現するのを楽しみにします。
 夜には、バプテスト障がい者伝道協力会のオンラインセミナーのパネラーをさせていただきました。懐かしい先生方と語り合い、経験を分かち合うことができ、楽しい余韻が残りました。これからも「野の花」への寄稿などを通し、お役に立てれば幸いです。コロナ収束後には50周年記念集会も計画されているとのことです。「失われた人を捜して救うために来」(ルカ19-10)られた主イエス様の働きの一つとしての前進を祈りましょう。

 先週、私たちは主イエス様の招きについて学びました。その中で聞いた、「あなたがたを、やみの中から、ご自分の驚くべき光の中に招いてくださった方」(Ⅰペテロ2-9)というみことばに感謝がこみ上げてきます。善悪の基準も持たぬ者でしたが、聖書という確かなものさしを持つ者とされ、やみの中を手探りで進むのでなく、状況を見極め、楽しみつつ生きる者へと造り変えられたのです。
 イエス様はまず漁師の若者ペテロやヨハネに「わたしについて来なさい。」(マタイ4-19)と声を掛けられ、その招きに彼らは「すぐに網を捨てて従った。」(20)とあるように、弟子としての歩みを踏み出しました。その結果、彼らの命がけの宣教により失われた人たちが救われ、教会が立ち、新約聖書が完成し、イエス様の福音が世界中へと伝え継がれて行きました。そして今、私たちもイエス様の「永遠のいのち」(ヨハネ3-16)の恵みに与っています。

 イエス様は今も変わりなく、「すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。」(マタイ11-28)と招いておられます。病に苦しんだり、挫折したり、孤独を感じたりしている人にも目を注いでおられます。このキリストの招きに応えて、新しい希望へと踏み出していきましょう。
未分類 | 14:29:07