FC2ブログ
 
■カウンター

■プロフィール

甘木BBC

Author:甘木BBC
福岡県朝倉市にある、聖書を神のことばとしてお伝えしているキリスト教会です。
http://amagibbc.com/

■検索フォーム

■最新記事
■カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■月別アーカイブ

■カテゴリ
■RSSリンクの表示
■QRコード

QR

「地に平和」を来たらすために働きましょう!
これはわれらの神の深いあわれみによる。そのあわれみにより、日の出がいと高き所からわれらを訪れ、暗黒と死の陰にすわる者たちを照らし、われらの足を平和の道に導く。(ルカ伝1章78、79節)

 先日初めて、中学校の福祉体験授業の講師を務め、受験を前にした三年生たちに、私が体験した失明と、そこからの立ち直りについて話しました。最初に触読した点辞書が聖書と讃美歌であったこと、そこから正しい生き方の基礎を学んだことについても伝えました。中には悩みを抱えた生徒たちもいることでしょうから、私の経験が役に立って、良き道へ進むきっかけになってくれればと願っています。
 くつろいで話を聞いてほしかったので、晩秋の歌曲やクリスマスキャロルをベルで演奏し、聴いてもらいました。それもまた、良い思い出になってくれれば幸いです。彼らが私を覚えていてくれて、どこかで声を掛けてくれるようにと、ひそかに期待もしています。楽しい初体験でした。
 さて、この平和を祈るアドベントに、長年アフガニスタンの人道支援にたずさわれた中村哲先生が襲撃され、命を落とされるという悲劇が起こりました。昨夏、私たち 視覚障がい者クリスチャン団体の修養会の講師として来てくださり、朝倉の灌漑方式をアフガニスタンに導入し、「焼けた地は沢となり潤いのない地は水のわく所となり」というイザヤの預言の成就のような先生の働きについて聴かせていただきましたが、崇高な使命が途上半ばで止められたことは、多くの人々にとって痛恨の極みです。
 しかし、指導者を失ったペシャワール会が、すべての事業を継続する宣言をするのを聴き、イエス様が語られた「一粒の麦がもし地に落ちて死ななければ、それは一つのままです。しかし、もし死ねば、豊かな実を結びます。」(ヨハネ12-24)という御言葉の成就を見る思いがしました。その会の崇高な目的がアフガニスタンのみならず、世界中で引き継がれ、神のみこころが地に実現していくことをいのります。
 そして、中村先生と言葉を交わし、握手をさせていただいたことは、私への励ましとして残っています。へブル書に、「多くの証人たちが、雲のように私たちを取り巻いている」(12-1)とありますが、私たちには模範とすべき信仰の先輩たちが多くいます。その人たちの信仰の歩みに励まされ、立てられたこの地で、クリスマスノ主イエス様を証してまいりましょう。


未分類 | 22:26:58