FC2ブログ
 
■カウンター

■プロフィール

甘木BBC

Author:甘木BBC
福岡県朝倉市にある、聖書を神のことばとしてお伝えしているキリスト教会です。
http://amagibbc.com/

■検索フォーム

■最新記事
■カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■月別アーカイブ

■カテゴリ
■RSSリンクの表示
■QRコード

QR

33年の守りを感謝して!

 あなたがたのうちに良い働きを始められた方は、キリスト・イエスの日が来るまでにそれを完成させてくださることを私は堅く信じているのです。(ピリピ書1章6節)
 今日、私たちは教会の創立33周年、牧師の就任20周年の感謝礼拝をお捧げします。I兄姉の家庭集会から始まった小さな集まりが33年間守られ、イエス様の福音の証しを続けて来れました。その間、教会の指導に当たってくださったB宣教師、S先生、Y先生の御働きを感謝します。
 20年前から、私たちが働きを引き継ぎ、加えられた兄姉と力を合わせ、新会堂も立て上げることができました。結成した聖歌隊「ジョイフルクワイヤ」が連合文化会に加わり、賛美コーラスによって福音を証し、音楽奉仕団「ヘブンリー・ドロップス」は施設訪問、イベント参加などによって、地域の福祉にお仕えしてくることができました。33年前の開所時におられたI姉は天に召され、I兄は施設に入所、I姉はお母様の介護で、今日ここに集えないことは残念ですが、後に加えられた兄姉たちが、主の働きを担っています。
 20年前の就任時から、牧師は週報メッセージを書き続けてきましたが、昨年から、10数年前に書いたメッセージを視覚障害者信徒会のメーリングリストにアップして喜ばれています。イエス様が、「あかりをつけてから、それを器で隠したり、寝台の下に置いたりする者はありません。燭台の上に置きます。はいって来る人々に、その光が見えるためです。」(ルカ8-16)と語られたように、パソコンに眠っていたメッセージが、そのような形で用いられていることを感謝します。
 また、10年ほど前のJ姉の来会を皮切りに、フィリピン、ポーランド、スイス、最近ではカメルーンなどからの来会者もあり、日本語と英語の二言語礼拝をしています。これもまた時代の求めに応じたものであり、結果として、教会の交わりが深められてきました。
 このような20年の積み重ねの上に、教会に若い働き人が起こされていくことを期待します。そして、20年前私たちが働きを引き継いだように、私たちも後継の牧師にバトンを託すときが来るでしょう。そのような働きの継続をも祈りの課題としながら、この地に主イエス様の救いを証しする教会を立て上げてまいりましょう。


未分類 | 20:31:41