FC2ブログ
 
■カウンター

■プロフィール

甘木BBC

Author:甘木BBC
福岡県朝倉市にある、聖書を神のことばとしてお伝えしているキリスト教会です。
http://amagibbc.com/

■検索フォーム

■最新記事
■カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

■月別アーカイブ

■カテゴリ
■RSSリンクの表示
■QRコード

QR

「災いの日」に備えましょう!



ハレルヤ。私は心を尽くして主に感謝しよう。直ぐな人のつどいと集会において。(詩篇111篇1節)

 
先主日午後、福祉施設に入所中のY兄を訪ねました。ベルを持って来ていることをお伝えすると、職員の方が入所者を集めてくださり、ミニコンサートが始まりました。夏から秋への曲を当ててもらったり、一緒に歌ったりしましたが、最後には20数名の集まりになっていました。賛美歌にも皆さんが手拍子を入れてくれ、楽しいひとときでした。職員の皆さんも好意的でしたから、またお尋ねしたいと思います。
 さて、最近の日韓の関係悪化を憂慮し、好転を期待し祈っていましたが、今度は韓国が軍事情報に関する相互協定の破棄を通告してくるという事態に至っています。国交もなく、ミサイルの発射を続ける北朝鮮の脅威がある中でのことですから、私たちは今こそ、地域の平和を真剣に祈るべきです。イエス様は、「平和をつくる者は幸いです。」(マタイ5-9)と教えられました。日韓の真ん中にイエス様の十字架を立てて、双方のキリスト者たちが祈り合うことを、主は望んでおられるにちがいありません。

 ここまで書いたところで、豪雨の来襲となりました。二念前の災害を思わせるような降りだったので、杷木林田でお会いした皆さんのことが思われ、守りを祈り続けました。水曜の日中になったら小止みになったので感謝しました。大きな災害となった佐賀県、長崎県、筑後地方の皆さんにお見舞い申し上げるとともに、速やかな復旧が為されますようお祈り申し上げます。
 三年連続の水害に加え、アマゾンでの大規模森林火災などのニュースもあり、これらの災害を人間の傲慢への、神の警告と受け止めるべきではないでしょうか。洪水で滅んだノアの時代は、「地上に人の悪が増大し」(創世6-5)と表現されましたし、「硫黄の火」(創世19-24)によって滅ぼされたソドムとゴモラについては、「彼らに対する叫びが主の前で大きくなった」(19-13)と記録されています。赦しの十字架を仰ごうとしないこの時代に向ってイエス様は、「悔い改めなさい。天の御国が近づいたから。」(マタイ4-17)と招き続けておられます。
 今月末には牧師就任20周年を迎えようとしています。書き続けてきた週報を読み返す度に、この教会を通して為された主の恵みの豊かさを思わされます。そして、この先に、どのような御計画をお持ちであるかにも期待が膨らみます。祈りつつ、すばらしい主イエス様の「永遠のいのちの福音」を証してまいりましょう。



メッセージ | 18:08:57