FC2ブログ
 
■カウンター

■プロフィール

甘木BBC

Author:甘木BBC
福岡県朝倉市にある、聖書を神のことばとしてお伝えしているキリスト教会です。
http://amagibbc.com/

■検索フォーム

■最新記事
■カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■月別アーカイブ

■カテゴリ
■RSSリンクの表示
■QRコード

QR

「これっぽっち」と思う必要はない

2001年7月週報より
大麦のパン五つから出て来たパン切れを、人々が食べたうえ、なお余ったもので十二のかごがいっぱいになった。            (ヨハネ伝6章13節)

 最近、売り場面積をのばしているのが「100円ショップ」だそうです。100円でかなりの掘り出し物があるようです。あまり買い物をせずにすむ私などは、「エッ、100円で何が買えるの?」と思ってしまいがちなのですが。

 イエス様のお弟子さんたちも一人の少年が持っていた大麦のパン五つと小さい魚二匹を何の役にも建たないものと見なしました。それもそのはず、これだけでは五千人の空腹は満たせそうにありません。
 ところが、この少年の貧しいお弁当がイエス様の手に捧げられ、祝福が祈られた時、それはひもじい五千人を満腹させ、なおかつ残りのパン屑が12かごにいっぱいになったのです。このことは四つの福音書にはっきりと記されていますから、弟子たちの記憶に強く焼きついた奇跡だったのでしょう。

 私たちはイエス様に時間、能力、持ち物、祈りなどをお捧げする時、「たったこれっぽっちですが」とか、「こんなつまらないものですが」とか思うべきではありません。私たちがギュッと握りしめていたらカビが生えてしまうようなものが、イエス様の御手に置かれる時、それはきよめられ、何十倍にも増えて用いられるのです。

イエス様は金持ちの倉に山と積まれた食料品ではなく、貧しい少年が「イエス様、これ使って!」と差し出した「なけなしの弁当」こそ喜ばれたのです。
 また、「余ったパン切れを、一つもむだに捨てないように集めなさい。」というイエス様のみことばは、私たちの捧げ物が尊く取り扱われていることを教えてくれます。あなたの一言の祈りを、小さな善意を、イエス様は決してお忘れになることはありません。いや、その小さいと思われる捧げ物をこそ、丁重に受け入れていてくださるのです。



無題 | 09:27:06 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する