FC2ブログ
 
■カウンター

■プロフィール

甘木BBC

Author:甘木BBC
福岡県朝倉市にある、聖書を神のことばとしてお伝えしているキリスト教会です。
http://amagibbc.com/

■検索フォーム

■最新記事
■カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■月別アーカイブ

■カテゴリ
■RSSリンクの表示
■QRコード

QR

「罪」の問題を放っておいてはいけません!

主の御名を呼び求める者は、だれでも救われる。」のです。(ローマ書10章13節)

 私たちが甘木公園でスロージョッギングをするようになって二年になります。もちろん体調のためにも良いのですが、いろいろな方々とお会いできるのも楽しみです。腰に障害を持たれ、リハビリのために公園の近くに越してこられたという方ともお知り合いになりました。また、お母さんと一緒に散歩に来られる障害をお持ちの青年とも時々お会いします。先日は小さな声で名前を教えてくれました。体を動かしながらの解放感からか、いろいろな層の皆さんと、気軽に挨拶を交わし合えるのも爽やかな経験です。いつか教会へ導かれる方が起こされるよう祈っています。
 こんな良い環境で暮らせるのは、国情が安定しているからです。ますますテロのニュースを聞くことが増えていますし、フィリピンの一部では戒厳令が敷かれているそうです。「人を見たらテロリストと疑え」と言わんばかりの地域が増えていくのでしょうか。それは悲しむべきことです。
 ダビデ王は、幸いなことよ。そのそむきを赦され、罪をおおわれた人は。幸いなことよ。主が、咎をお認めにならない人、心に欺きのないその人は。」(詩篇32-1 2)と語り、罪の赦しを受ける幸いを伝えています。また、イエス様は友達に運ばれて来た障害ある人に対し、子よ。あなたの罪は赦されました。」(マルコ2-5)と告げられました。障害を癒される前に、その人の罪の問題を解決してくださったのです。
 更に、聖書はこの罪の性質について、「欲がはらむと罪を生み、罪が熟すると死を生みます。」(ヤコブ1-15)とその増殖性を警告しています。つまり、この罪は放置しておくべきものでなく、一刻も早く、「傷もなく汚れもない小羊のようなキリストの、尊い血」(Ⅰペテロ1-19)によって聖められなければなりません。
 主イエス様を信じていただく「神のぎ」(ローマ1-17)こそ、全ての人に平安をもたらします。いよいよ罪がその悪質さを呈してきている今こそ、主イエス様の「永遠のいのち」(ヨハネ3-16)の救いを多くの人々に証してまいりましょう。


無題 | 15:36:53 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する