FC2ブログ
 
■カウンター

■プロフィール

甘木BBC

Author:甘木BBC
福岡県朝倉市にある、聖書を神のことばとしてお伝えしているキリスト教会です。
http://amagibbc.com/

■検索フォーム

■最新記事
■カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■月別アーカイブ

■カテゴリ
■RSSリンクの表示
■QRコード

QR

誰もが必要な知識とは?

神は、罪人の言うことはお聞きになりません。しかし、だれでも神を敬い、そのみこころを行なうなら、神はその人の言うことを聞いてくださると、私たちは知っています。                      (ヨハネ伝9章31節)

 聖書に、「主を恐れることは知識の初めである。」とあります。逆に言うと、どんなに博学なように見えても、この世界が神によって創られ、今もなお歴史は神によって導かれていることを知らないなら、その人は第一の知識を欠いているということです。

 冒頭のみことばは生まれながらに目が見えず、教育を受ける機会もなく、物乞いをしていた男の口から出た言葉です。しかも、それは当時の教養人たち、宗教指導者たちに向かって発せられたのです。
 何と格調高い真理でしょうか。彼は人の何十分の一しか聖書のみことばを聞けなかったにちがいありません。しかし、わずかな聖書の知識が彼の中に確実に根を張っていったのです。

 筋肉が増していくことは必要ですが、そのためには骨格もたくましく育っていなければなりません。土台のない所に家を建ててはいけません。この世界をお創りになり、今日も私たちをはぐくんでいてくださる「天のお父様」を礼拝することは人間に与えられた第一の義務です。

 神に反逆する者である私たち罪人の身代わりに、神の御子イエス様が十字架にかかってくださったことを信じることは祝福の礎です。この信仰以上に神をお喜ばせする美徳を見い出すことはできません。このイエス様に最大の感謝と、最高の讃美をお捧げするのが礼拝です。
 この男は社会的に見れば恵まれない落ちこぼれであったかもしれませんが、彼の信仰の土台は磐石でした。今も、どの時代にも、イエス・キリストを通して神を知ることが他のいかなるものにも勝り、価値あることに変わりありません。



無題 | 10:13:25 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する