FC2ブログ
 
■カウンター

■プロフィール

甘木BBC

Author:甘木BBC
福岡県朝倉市にある、聖書を神のことばとしてお伝えしているキリスト教会です。
http://amagibbc.com/

■検索フォーム

■最新記事
■カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■月別アーカイブ

■カテゴリ
■RSSリンクの表示
■QRコード

QR

一年を顧みて

わがたましいよ。主をほめたたえよ。主の良くしてくださったことを何一つ忘れるな。            (詩篇103篇2節)
クリスマスの祝福を通り過ぎてみると、年末感謝のときです。年頭の週報を見返してみますと、「信仰の創始者であり、完成者であるイエスから目を離さないでいなさい。」(ヘブル12-2)のみことばが掲げられていました。果たして、私たちはみことばどおり歩んで来れたでしょうか。

新会堂が与えられ、教会は宣教の希望に燃えて、2007年をスタートしたはずでした。しかし、年初はまだまだ建築事の後始末を引きずっていましたし、そのうち内輪に病人、けが人が相次ぎ、多難な上半期を通ることとなりました。みことばに、「たとい、死の陰の谷を歩くことがあっても、」(詩篇23-4)とありますが、「私はわざわいを恐れません。あなたが私とともにおられますから。」と、揺るがない信仰を保ち得たでしょうか。「私たちが滅びうせなかったのは、主の恵みによる。主のあわれみは尽きないからだ。」(哀歌3-22)と言えるだけのような気がします。

響きの良い会堂を用いてイースターや母の日に讃美礼拝を捧げ、伝道の機会としました。新しい方々も集ってくださり盛会でしたが、教会に定着される方は起こされませんでした。そんな閉塞感を打ち破ってくれたのが秋の連合音楽祭への参加であったような気がします。大舞台に立って、緊張感をもって信仰の証を立てることにより、皆がすがすがしい感動を経験できたのではないでしょうか。

「いのちを見出す場所」、「希望への扉」の二つの教会案内の配布も用いられ、6名の方々が来会されました。車を使って、朝倉市全域、周辺の町々へと配布を続けています。この尊いご奉仕が守られ、更に多くの人々を教会にお招きできますよう、これからも心を合わせて祈り続けましょう。

インターネットのホームページに週二度メッセージを掲載し、多くの方々に読んでいただくこともできました。感謝の言葉も届いています。最近では、聖歌隊の讃美も流れるようになっています。実際、ホームページで教会を知り、訪ねてくださった方々もありました。

こども伝道も春のキッズフェローシップ、クリスマス会と、二つのビッグイベントを持つことができ、大いに祝福されました。こどもたちが家に帰り、「楽しかったよ!」と言ってくれたそうで、今後に繋がることを期待しています。苦戦続きの美奈宜の杜のバイブルの集いからも、クリスマスにT様が来会くださり、一つの前進を見ることができました。信仰者として教会生活を始めることができますよう、祈らせていただきましょう。

ここまで、主に宣教の視点から、教会の一年を回顧してみました。教会が一致して祈り続けた結果の祝福の豊かさに驚きます。大いに主を讃美し、更なる祝福の2008年へと踏み入ってまいりましょう。



無題 | 19:24:27 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する