FC2ブログ
 
■カウンター

■プロフィール

甘木BBC

Author:甘木BBC
福岡県朝倉市にある、聖書を神のことばとしてお伝えしているキリスト教会です。
http://amagibbc.com/

■検索フォーム

■最新記事
■カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■月別アーカイブ

■カテゴリ
■RSSリンクの表示
■QRコード

QR

一年の恵を数える喜びとは?

☆2008年1月1日11時より元旦礼拝  主への讃美をもって、新年を始めてまいりましょう。
     ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(2003年週報より)
天が地上はるかに高いように、御恵みは、主を恐れる者の上に大きい。
(詩篇103篇11節)

 クリスマスの恵みがほのぼのと心を温める中、私たちは2003年最後の礼拝に臨んでいます。一年を顧みる頃となると心に浮かぶみことばは、「主の良くしてくださったことを何一つ忘れるな。」です。
神は甘木教会に3人の若者たちを加えてくださいました。海で挙行された二度のバプテスマ式の感動は、今年のクライマックスだったにちがいありません。

そして、皆が祈りと賜物を結集して臨んだクリスマス集会は、多くの人たちに真の救いを証することができました。特に、2月から継続されてきた美奈宜の杜集会はクリスマスに大輪の花を咲かせました。
小さな群れですが、神学生の伝道実習を受け入れることもできました。また、牧師が野の花フェロウシップの講師として用いていただいたことも感謝です。もちろん、K兄姉の結婚式もイエス様の栄光を現す時でした。

私たちは主の恵みを数え上げて感謝しましょう。イエス様の尊い事業に参加できたことこそ光栄なことではないでしょうか。主は何度も思いがけない方々を集会に加えてくださり、私たちを楽しませてくださったことも驚きです。

また、いくつかの病を負っておられるB先生が7月にお帰りになり、L先生と共に教会を喜ばせてくださいました。年明けにアメリカへ一時きこくされますが、また春にお会いできるのを楽しみにしましょう。
最後に、この週報をはじめ、教会の多くの働きに新しいパソコンが用いられていることも感謝しましょう。ただし、機械にふりまわされることなく、主のお働きのために賢く用いる責任があります。
主は黄たる年にどんな恵みを用意して待っていてくださるのでしょうか。年越しが実に楽しみです。



無題 | 13:39:53 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する