FC2ブログ
 
■カウンター

■プロフィール

甘木BBC

Author:甘木BBC
福岡県朝倉市にある、聖書を神のことばとしてお伝えしているキリスト教会です。
http://amagibbc.com/

■検索フォーム

■最新記事
■カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■月別アーカイブ

■カテゴリ
■RSSリンクの表示
■QRコード

QR

光を輝かせよう!
 
あなたがたは、食べるにも、飲むにも、何をするにも、ただ神の栄光を現わすためにしなさい。(第一コリント10章31節)
 先週行われた「あさくら音楽祭」において、教会のジョイフルクワイヤが3曲の賛美コーラスを歌い、救い主を証しできました。お誘いしていた知人たちからも「賛美歌はいいですね!」とか、「聴きに来てよかった!」とか、良い反応を聞くことができました。他のグループの皆さんとも好意的な声掛けを交わし合うことができ、終始あたたかみのあるコンサートでした。フェースブックにアップしたところ、「ハレルヤ!感動!すばらしい!」という書き込みもありました。ピアノ伴奏の奉仕に出向いてくださったY姉に感謝します。
 これからクリスマスに向って音楽奉仕の場が多く備えられています。今週の土曜には「あさくら祭」でベルとコーラスをします。「歌とトークのプレゼント」のボランティアとして十数年奉仕してきましたが、この祭でベル演奏は初めてです。開かれた教会となっていくために、主がこうした機会を用いてくださるよう祈っています。
 イエス様はペテロとアンデレを、「わたしについて来なさい。あなたがたを、人間をとる漁師にしてあげよう。」(マタイ4-19)と招かれましたが、実際そのような求霊の働きができるようになるためには、長年の学びと訓練を要します。人の思想や信仰はその人の歴史であり、長年かけて形作られてきた、その人そのものです。それを捨てて、新たな価値観を受け入れるのですから、それは一大事です。
 しかし、私たちは実際、その信仰の転換に与りました。なぜでしょうか?また、どのようにしてでしょうか?それはクリスチャンとの出会いを通し、聖書を読むようになり、世界を創造された偉大な神の存在に気づかされたからです。このクリスチャンとの、そして聖書との出会いが大きな人生の転換点となったのです。
 ヨハネが「見よ、世の罪を取り除く神の小羊。」(ヨハネ1-29)と救い主を指差したように私たちの賛美も、演奏するベルも、生活のすべてがイエス様を指し示すものであるように心がけましょう。やがて、私たちの地上における生き方が問われるときがきます。そのとき主より、「よくやった。良い忠実なしもべだ。」(マタイ25-21)とお褒めのことばを掛けていただけるよう歩んでまいりましょう。


未分類 | 10:57:42
救いはこの方にある!

 ペテロは、このほかにも多くのことばをもって、あかしをし、「この曲がった時代から救われなさい。」と言って彼らに勧めた。(使徒2章40節)
 先日、Y姉の所属しておられるK教会のN牧師と8名の兄姉が来会くださり、当教会の6名と昼食を共にし、交わり会を持たせていただきました。御教会には伝統あるトーンチャイムの賛美隊があるそうですが、一年にも満たない私たちのミュージックベルの賛美も聴いていただきました。イエス様の救いに与った兄姉との、心温まる交わりのひとときでした。
 今日はまた、Y姉がピアノ伴奏の御奉仕に来てくださり、ジョイフルクワイヤが「あさくら音楽祭」で3曲の賛美コーラスをします。いつも写真を撮ったりして見守ってくださった故Y兄、長年共に歌ってきたI兄がおられないのは残念ですが、主のみこころにより、それぞれ置かれた場で救い主をほめたたえておられます。
 二年前、この音楽祭は北部九州豪雨災害からの復旧を励まそうと開かれましたが、今年は東日本を襲った三つの台風災害の被災地を励ます祈りの籠ったコンサートとなることでしょう。私たちは既にノアの時代に起こった、「巨大な大いなる水の源が、ことごとく張り裂け、天の水門が開かれた。」(創世7-11)とあるような洪水が頻発する艱難時代に入っているのかもしれません。そのような中で、「すべて安し、御神ともにいませば」と歌うことは、災害を恐れる世の人たちに向って、大切なメッセージとなることでしょう。
 イエス様は世の終わりについての預言において、「山へ逃げなさい。」(マタイ24-16)、「屋上にいる者は家の中の物を持ち出そうと下に降りてはいけません。」(17)、「畑にいる者は着物を取りに戻ってはいけません。」(18)などと、具体的な避難警告を与えられました。最近、何度か聞いた「直ちに生命を守る行動をとってください。」という気象庁の促しと重なります。
 ノアの家族には逃れの場として箱舟が備えられました。今、艱難時代に入った私たちに、神は「この方こそ、まことの神、永遠のいのちです。」(Ⅰヨハネ5-20)と紹介されている救い主イエス・キリスト様を備えていてくださいます。一人でも多くの人がイエス様を信じ、滅びから「永遠のいのち」へ移していただけるよう祈りましょう。


未分類 | 19:57:42